新しいマンションの鍵をなくしてパニックになりましたが・・

私はこの春に分譲マンションを購入し、引っ越しをしました。引っ越しをして夫から「この鍵は一つ6000円くらいする。絶対に無くさないように。」と鍵をもらいました。うちのマンションはセキュリティがものすごくしっかりしています。まず、マンション内に入るのに入口で鍵をかざして中に入るのが1回目、次にエレベーターに乗るのにもう1回鍵が必要です。

また、マンション内からでも、駐輪場に入るのには鍵が必要になります。私は今まで賃貸暮らしで、ここまでセキュリティのあるところに住んだことが無いので当初大変とまどいました。おまけに、この鍵はセコムと連動?しているのかとても大きくて、持っているキーケースには入りませんでした。どうやってカバンに収納しようかと考える始末です。

ある日、自転車で出かける用事があり、急いでいたので、私はズボンのポケットに鍵を入れて出かけました。鍵には長めの垂れ下がるキーホルダーをつけて、ポケットの口からもキーホルダーを出していましたので、無くなることはないと思って安心していました。

用が終わり、家に帰ろうと思ってお店から自転車にまたがって鍵の感触を確かめようとすると、ポケットにあるはずの鍵がありません。いつ落としたんだろう?と血の気がひきました。大きな鍵ですし、落としたらすぐ分かるのにどうして?とパニックになりました。

私の頭の中には夫の「これは高くて・・・」という声がこだましています。とりあえず、来た道を地面を食い入るように屈んで見つめながら辿って行きましたが、ありません。仕方が無いので、近くの警察に届けました。これでは、駐輪場に自転車を入れることも出来ませんし、家の中にも入ることが出来ない。と途方にくれていたところ、頭からインスピレーションが降ってきました。

もしかして、駐輪場に落ちているのではないかと。慣れない駐輪場で自転車を出している時に後ろに女性が待っていて、焦ってしまった場面を思い出したのです。案の定、管理人さんに聞いたら「駐輪場で前の女性が落としていった。」ということでカギを持っていました。本当に安堵し、うれしかったです。

その後現在は、キーケースに無理矢理入れて、なくさないようにしています。

祖父の金庫の鍵についての話もあります。。。

鍵を紛失したのは私ですが、それによって失敗を被ったのは私の祖父かもしれません。そんなお話です。私の家は古くからある、いわゆる旧家と言うやつでした。蔵へ行けばよく分からない品々が並んでおり、某鑑定番組にもなにかを出品したいくらいです。

そんな中に、古めかしい金庫がありました。とは言え、金属出でいた耐火性なので古くても戦前のものかなという出で立ちです。実はこの金庫、昔は鍵があったのですが幼い頃の私が紛失してしまったのです。紛失した経緯はよく覚えていませんが、恐らく近所の友人たちと家の中で遊んでいた際に発見し、面白がって持ち出して紛失したのではないかと思います。

しかし、一人暮らしをするために私の部屋を整理していると、何とその金庫の鍵が出てきたのです。てっきり外で無くしてたとばかり思っていたので盲点でした。
祖父は鬼籍に入っていたので、存命だった祖母に教えると大喜び。もしかしたら莫大な遺産でも入っているかもしれないと言い出し始め、家族中で騒然としたのです。

こうして金庫の鍵を開けることになりました。実は祖母もこの金庫の中は見たことが無いと言います。ドキドキしながら金庫の鍵を回すと、僅かながら錆びついた感触を伝えながらもカチャリと開きました。そのして扉を開けると、そこには百枚近く折り重なった紙が出てきたのです。

「株券か!」「土地の権利書か!」

月の土地

私たちは気色ばんでその紙を外に出すと、場が一瞬にして凍りつきました。

中にあった紙は、黄ばんだ写真と絵。しかし中身はというと、よく分からないオバさんがセーラー服を着たものや胸がはだけたもの、絵は男女が絡み合ういわゆる春画というやつでした。父はそれを見て大笑い。「親父も好きだなぁ」と言っていたのですが、祖母と金目のものを期待していた母は憤慨していました。

腹に据えかねたのか、祖母はこれら写真や絵を燃やすと言い出したのですが、せっかく祖父の遺品ですしそれだけは阻止。しかし置いておくのも気分が良くないので、古書店を探し出して売ることにしました。買い取り金額に期待こそしましたが、百枚近くで10万円もせず。結局祖母と老人会の人たちへの旅行代に消えてしまいましたが、何となく祖父の株が下がってしまったような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です