携帯を持たずに家の鍵をなくしたことが原因で大変でした

家の鍵を忘れるトラブルって案外あるもので、一回だけ大変な経験をしたことがあります、それは丁度寒い冬の時期でして、それで鍵を掛けて出かけた後に鍵をうっかりと無くしてしまったことがありました。どうして落としたのかどこで落としたのかも気付かなかったのですが、いざドアの前に立ってみると鍵をなくしたことに気づいて大慌てをしてしまいました。

そしてなにより運が悪かったことと言ったら、携帯電話を家の中に置いてきてしまったという状況でした。そんなわけで鍵の業者に連絡ができないと思ってパニックになってしまいました。

よくよく考えたら公衆電話があるだろうと思ったのですが、携帯電話を使ってから公衆電話のある位置というのはまるで自覚していなかったので、まずは探すのに苦労してしまいました。特に寒い冬の時期でしたので、寒い思いをしながらようやく公衆電話を探し当てました。

さて今度は鍵のトラブルを扱ってくれるお店を探すのですが、これまたタウンページを使ったことがないので、どうやって調べて良いのかが分からず、そこでもかなりの時間を過ごしてしまいました。そうやってやっと2時間ぐらい掛かって鍵のトラブルの会社を呼ぶことができて、ようやく鍵のを開けてもらうことができ、人心地がついたという結果になりました。

ちょうど出かけた時はコンビニに行くような軽い服装だったのが仇となり、そのため鍵のトラブル会社を探すのにもとても寒い思いをしたのが、良いんだか悪いんだかという鍵の思い出です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です