ビットコインの買い方を簡単に解説

ビットコインの購入方法とはいっても楽天やアマゾンなどで商品を買われた
経験をお持ちの方なら全く同じ方法でビットコインを購入するすることが出来ます。

とは言っても購入できるネット上のサービス(取引所)は沢山存在しますので、それぞれサービスに於ける特色などから如何に簡単に購入するかという点と
効率よく購入する為の準備やちょっとした予備知識が必要になります。

 

代表的なサービス(取引所)の紹介です。

現時点で「日本で最も簡単にビットコインを購入できるサービス」がcoincheck(コインチェック)です。

「」内の上記文書はサイトの紹介に書かれています。準備するべきものはメールアドレスと事前に考えておく独自のパスワードです。

注意点ですがサービスを利用するためには必ずログイン作業があります。
ユーザー新規登録を行い個人情報を登録します。(アカウントを作成すると言います)

これは誰でもが利用できる便利なサービスですが現金を扱うサイトですので個人を特定し、厳重にセキュリティーが守られなければならないサービスだからです。

ログインの作業は、簡単にフェイスブックのアカウントなどからログインが可能ですがここはあえて違ったパスワードを使ったほうがより安全です。更には専用のメールアドレスを取得してコインチェック専用のメールアドレスに
割り当てて利用するのが得策です。

ますサービスにログインすると英語になっていて判り辛い場合があります。
その場合には上部に日本語化という選択がありますのでこちらで表示を切り替えます。

後は現金で購入するかクレジットで購入するか選択するだけです。

 

スマートフォンなどから購入するならば日本最大のサービス

ビットフライヤーというサービスです。こちらのビットフライヤーも同じく登録作業を行い取得したアカウントでサービスにログインをしてから購入をします。

ビットフライヤーはコインチェック同様に直接的に簡単に購入す方法と上級者向けのユーザー間購入方法があり、利用の仕方次第では安く購入が出来る場合があります。

ビットフライヤーの提供するサービスにはサービス(取引所)に集まっているビットコインを持っているユーザーが直接売買を行っている市場から購入する方法があります。

ユーザーから事前に売りたい値段が提示されていて購入する方との意思があった場合のみ取引が成立するといった少し複雑なシステムですので初心者には向かないかも知れないです。

 

ビットコインは投資目的でも利用されていてリアルタイムで動いている株式のようなもので瞬時にして値段が動きます。

沢山あるサービス(取引所)においても同じ価格の提示は殆ど無いのです。買おうと思ったその数秒先には価格が変わっていたりします。

ですので大きな金額の購入では値動きのタイミングを計りその差額で売り買いを行うFXのような短期的な投資目的で利用されたりもします。

安いサービスを比較して購入するのも一つの方法です。

暗号通貨今後

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です