マイナンバー なりすまし対策

マイナンバー なりすまし対策
MENU

マイナンバー なりすまし対策

来年度より本格的に配布されるマイナンバー制度は、国民一人一人に12桁の番号を割り振り、行政の簡素化や手続きの簡略化が期待されています。しかし、まだまだ国民はマイナンバーについて詳細を知らず、このままの状態では悪用の危険性が危惧されています。
とはいえ受け取らないわけにはいきません。
事前に予想される悪用を知ることで、予防することができるでしょう。
マイナンバーは今後、銀行口座や証券口座の開設の際に必須の存在になります。
逆になんらかの事情で他人の手に渡ってしまった場合、勝手に銀行口座の開設や証券口座を開設される恐れがありますし、ひいてはカードローンのキャッシングに利用されかねません。また不動産投資や自動車の購入に悪意の持った人がマイナンバーを利用すれば、知らぬ間に購入されているかもしれません。
そして、海外の、特にマイナンバー先行導入済みのアメリカでは、住民票や婚姻届を提出されているケースがあります。今現在、日本はまだ難民の受け入れをほぼ行っていませんが、これから難民の受け入れや外国人の不法入国者や不法滞在者が、たとえばホームレスのマイナンバーを買い取って本人に成り済ます危険性があります。
このようにマイナンバーは行政的にメリットはありますが、国民はたった一枚のカードを完璧に管理しておく必要があります。それにも関わらず、現在政府が検討している軽減税率を受けるために買い物の際にマイナンバーを提示する必要性があることは、とても危険が伴っていると言えるでしょう。
政府は、まだまだマイナンバーの内容や危険性について告知していく必要があるでしょう。"

このページの先頭へ